ED治療薬は状況によって使い分けると良い

ED治療薬について考える男性EDはErectileDysfunctionの略語で、日本語で表記すると勃起機能不全と言います。EDは男性だけに起きる症状であり、日本人では成人の4人に1人がEDと思われる症状を持っていると言われています。
勃起機能不全と見聞きすると全く勃起しないイメージをされることが多いのですが、勃起しないだけでなく、勃起するまでに時間がかかったり、逆に性交渉を終えるまで勃起した状態を維持することができないこともEDの症状として認められています。
上記のような症状に当てはまるからといってEDと決めつけることはできませんが、疑いはあるので、悩んでいるのであれば治療のために診断を受けてみると良いでしょう。EDの治療法は薬で行うことが多く、使用される薬の種類はバイアグラ・レビトラ・シアリスが基本です。

治療薬が一種類であれば迷うことはありませんが、バイアグラ・レビトラ・シアリスの三種類があるので治療の際はどれを使用したら良いのか分からない方もいると思います。
EDの治療薬を世界的に見てみると、バイアグラ・レビトラ・シアリスの他にも存在しています。しかし、日本で使用することが認められている認可のED治療薬はバイアグラ・レビトラ・シアリスだけです。
バイアグラとレビトラ、シアリスにはそれぞれの特徴があるので、EDの改善や完治のためには個人の症状に合った治療薬を使用することが求められます。バイアグラ・レビトラ・シアリスの三種類の大きな違いは、効果の持続時間と飲食との関係です。また、使用感も異なります。

バイアグラ・レビトラ・シアリスは名称が違うことから分かりますが、配合されている薬物成分が違います。個人や症状によってどの成分が有効に働くのかが異なるため、治療薬は状況によって使い分けることが大切とされています。

シアリスの作用

効果の持続時間で最も長いのはシアリスで、24時間から36時間ほどの持続します。バイアグラとレビトラは5時間から6時間ほどの持続時間となっていますが、薬は持続時間が長い方が効き目がマイルドで、効き始めるまでの時間も長くなります。
シアリスは服用後、1時間から2時間くらいで効果が現れ始めます。空腹状態であれば40分くらいで効き目が現れ始め、効き目が自然な感じであることから服用した男性は違和感を覚えることが少ないようです。

バイアグラの作用

服用してから30分で効き目が現れ始め、薬の成分が血中濃度でピークに達するのが服用から1時間後くらいです。バイアグラによって刺激による勃起は起こりやすくなりますが、他の治療薬よりも硬さが生じやすいので違和感を覚える方もいます。効果が強めとされますが、刺激なしで勃起したり、持続的な勃起状態が起きることはありません。

レビトラの作用

レビトラは即効性の高さが認められているED治療薬で、服用してから15分で効果が現れ始め、45分くらい経つと薬物成分の血中濃度が最高に高くなる薬です。効果が出ている間は硬さが生じやすいのですが、刺激には鈍感になるため射精までの時間を要することがあります。
レビトラの治験では服用後に性交渉を行うと、挿入時間が普段の2.4倍から3倍も延長したことが確認されています。EDの治療では即効性を必要としている方に向きますが、射精までの時間がかかるようになるので早漏の傾向がある方にもおすすめです。

バイアグラはレビトラよりは遅めですが、刺激によって勃起しやすくなるので勃起しにくいEDの傾向にある方は効果を実感しやすいかもしれません。ただ、バイアグラは必ず空腹時に服用する必要があります。理由としては、バイアグラには食事の栄養吸収を阻害する成分が配合されているからです。
バイアグラ・レビトラ・シアリスのどれが良いのかは、人それぞれです。マイルドな効き目で長く効果が持続し、硬い勃起ではなく自然な感じを求めている方にはシアリスが向くことでしょう。
効果が長く持続することではなく即効性を必要としている、性交渉の時間が短く終わってしまうことを気にしている、または早漏の方にはレビトラの効果が有効です。刺激に反応しないことを治療したい場合は、バイアグラの使用感が良いと感じられる可能性があります。

ED治療薬はどれだけお金がかかる?

EDの治療法として用いられる方法は薬物治療が多く、使用される薬の種類は日本ではバイアグラ・レビトラ・シアリスであることが分かりましたが、費用の面も気になるところです。EDを治療したい気持ちがあっても経済的なことで追いつかない場合は、治療の継続が難しくなります。
EDの治療にかかる費用はいくらくらいなのか、費用の仕組みなどを知っておきましょう。継続時間や効き目などのことも薬を選ぶ上では大事なことですが、経済的なこともしっかり考えることで適切な治療となります。
治療に関して経済的な面を考える時には、保険が適用されるのか適用されないのかを気にする方は少なくありません。医療機関での治療は費用がかかることが多いため、できれば保険が適用された方が助かります。では、EDは保険適用の対象になるのでしょうか。
残念ながら、EDは自由治療になるため保険適用外になっています。保険が適用される治療というのは、生活に支障をきたすかきたさないかの判断で決められていて、EDの症状自体は生活の害にならないと判断されていることから保険適用外です。
EDの症状に悩まされているから生活に支障が出ている方もいるかもしれませんが、EDそのものは命に係わる症状ではなく、ED治療はあくまで生活の質を上げるための治療になるので保険の適用は難しいでしょう。整形や審美歯科と同様に、EDも治さなくても生活できる内容とされているのです。

バイアグラ・レビトラ・シアリスを使用した治療費用には定めというものがないため、病院側が費用をいくらくらいにするのか決めることができます。保険が適用されないので治療のためには病院選びも重要なポイントで、相場としては1錠1500円から2000円なので費用がかかり過ぎな病院には注意しましょう。
1500円から2000円ほどの金額相場はED治療薬であるバイアグラ・レビトラ・シアリスの全てに当てはまる金額で、一般的な薬よりは高価な薬ですが、手が届かない金額ではないことから保険適用外でもEDに対する薬物治療を受ける人が多いそうです。
病院やクリニックに初めて訪れる時には、初診料がかかります。また、病院などの医療機関に訪れた時には治療の費用とは別に診察料も要求されることは知っている方が多いと思いますが、EDの治療を行っている病院やクリニックでは初診料や再診料がないところもあるため、治療の費用以外にかかる費用が少なくなるように工夫された料金設定を実施しているところを選ぶと多少の節約になることでしょう。

ED治療への不安を取り除く

日本の成人男性4人に1人はEDに悩んでいるという報告があるので、EDの治療や研究を積極的に取り組んでいる医師も増えています。デリケートな悩みであるため、治したいけど治療に行くことは躊躇うと言う方も珍しくはありません。
人に相談することは恥ずかしい・本当に治すことができるのか分からない・多額のお金がかかるのではないかなど、治療を考えたとしても色々な不安が頭をよぎるかと思いますが、デリケートな悩みはコンプレックスにも繋がるので、改善したいのであれば専門家を頼ることをおすすめします。
たとえ医師であっても、EDについて相談することは恥ずかしいと思う方は割と多いです。医師と言っても分野が幅広いので、EDのことで悩んでいる時にはED治療を専門的に行っている専門医に相談すると恥ずかしさも和らぎます。専門医はその分野に関する症例をたくさん見ているので、悩みを察してくれると思います。
本当に治すことができるのかについては、医師に症状についてしっかり伝えることがカギとなります。ED治療では検査による結果よりも患者の話を重要とするので、どのような症状がいつあるのかなどの症状記録をしっかり伝えましょう。不備なく伝えるためには、ノートなどに記録しておくと良いかもしれません。

費用については、インターネットで調べてみると節約になる病院やクリニックを見つけることが可能です。全国各地に初診料や診察代がないところがあるわけではないので、交通費のことも含めてどこに行くと経済的な負担が軽減されるのかを考えてみることも大事なことです。

薬以外でのED治療方法はある?

治療には薬を使用することが基本となると、治療に踏み切れない方もいるのではないのでしょうか。薬や薬物治療に対する考え方は人によって差がありますが、改善したいけど薬は使用したくないと思う方も少なくないことが現実です。
EDになる原因を考えてみると、薬を使わずに改善することは不可能ではありません。勃起機能の不全が起きてしまう要因として挙げられているのは、血行不良です。勃起状態が起きる時には、陰茎に血が溜まります。興奮によって陰茎に血が溜まり勃起する仕組みなのですが、興奮を感じたとしても勃起しないということは、血流が悪くなっている可能性が指摘されます。
血流が悪くなってしまう原因は、運動不足による筋力低下・脂肪分の多い食生活・睡眠不足などが言われています。

運動不足の解消

運動量が不足していると筋力が低下していきますが、年齢と共に勃起しにくくなることは筋力低下が関係しています。年齢に関係なく、適度な運動で筋力低下を防ぐことは大事です。
運動と聞くと面倒に感じられる方いるかもしれませんが、体の筋肉を鍛えることではなく伸ばすことを行うストレッチだけでも血行の改善に役立ちます。一番良い運動方法はウォーキングで、頭の中若しくは声に出して計算をしながらウォーキングすると認知症対策にもなります。
外に出ることなく家の中で運動する時には、足踏みでも有効です。ヨガや筋トレも適切なやり方であれば血流が良くなるので、気分転換にもなる自分に適した運動方法を行うと良いです。

食生活の改善

脂肪分が過多になっている食生活は、そのような食事を続けることで血液中のコレステロール量(血中コレステロール)が必要以上に多くなってしまいます。血液中のコレステロールが多くなってしまうと、血がドロドロ状になるので流れが遅くなります。脂肪分が血管の壁にへばりついてコブ状になり、血管内が細くなって血が流れにくくなる可能性も上がるので生活習慣病に対してもリスクが増えます。
血液をサラサラにする食材は、お茶・魚・海藻・納豆・酢・キノコ・野菜・ネギとされています。キノコは色々な種類を食べると良く、ネギにはタマネギなどのネギ類も含みます。これら食材は頭文字をとって、お魚好きやね、と覚えると良いそうです。

質の高い睡眠

睡眠不足はたまにある方は少なくないようですが、長期的に睡眠不足が続くと血行不良になり得ます。睡眠不足によって血行不良が起きる理由は、自律神経が乱れるからです。自律神経は生命維持に係わる機能をコントロールしている神経で、ちょっとしたストレスで興奮を司る交感神経とリラックスを司る副交感神経のバランスが崩れます。
交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、心拍数が増加すると共に血圧が上昇したり、内臓機能に支障が現れたり、筋肉が緊張することによる血行不良などが生じます。自律神経のバランスが崩れたことによって生じた血行不良により、頭痛やだるさが起きるので自律神経のバランスは正常に保つことが大切と言われているのです。
睡眠は体内機能の修復を行う時であり、自律神経的には副交感神経が優位になっている状態です。睡眠を行わないと脳が休まらず、脳の指令によって動いている内臓機能が疲れます。内臓機能が疲れてしまうと、内臓に流れている血の流れが悪くなります。
血は心臓で作られますが、脚の先まで流れてまた心臓に返っていきます。脚の先まで流れた血はふくらはぎの筋肉によって上に返されますが、筋肉の疲労回復も睡眠中に行われるため、睡眠が不足すると筋肉疲労が溜まっていくので血を上に返す力が弱ります。
睡眠不足は精神的な面だけに影響すると思われていることもありますが、体内機能にも大きな影響を与えています。睡眠不足は最もですが、睡眠の質が悪いことも改善しなければなりません。質が悪いということは睡眠中に交感神経が優位になり、リラックス時なのに興奮状態にあることを呈しているので、寝具や就寝前の行動を見直して睡眠の質を良くする工夫を行いましょう。